フランジレス門型

2017年2月17日 金曜日

今回製作したのは、φ318.5のフランジレス門型です。

社内の仮組写真は後程投稿しますが、下の写真のようにフランジ部分は裏板有の溶接となっております。

この部分がガセットにてつながり、最終的には上からカバーがかけられる構造になっております。

DSC_0009

拡大写真が以下の通り。

DSC_0010

そしてここに上向き溶接にて、2パスでの完成となりました。

DSC_0012

 

完成後は、L線2類の超音波探傷検査(UT)検査を合格しました。

 

−溶接加工、機械加工なら三重県の有限会社  セイワ工業にお任せください。

 

最新のブログ

チャンネル加工

クサビ板

フランジレス門型

BOXブラケット

φ711アーチ門型