鉄製アングル架台

2016年12月15日 木曜日

今回製作したのは、鉄製のアングル架台です。

主に配電盤やその他機械を設置する際に用いられる事が多いです。

基本的には、設置用のアンカー穴と機械の取り付け用の穴をあけます。

 

溶接して、下記写真のようにハンマー等で歪みをとります。

dsc_1901

その後下記のように仕上げ加工と、錆び止め塗料を塗ります。

dsc_1917-1

溶接のビードは下の写真のようになります。

dsc_1915

また、フレームの外側は、溶接後グラインダーで仕上げ加工を行います。

dsc_1913-1

−溶接加工、機械加工なら三重県の有限会社  セイワ工業にお任せください。

最新のブログ

チャンネル加工

クサビ板

フランジレス門型

BOXブラケット

φ711アーチ門型